ヴィノテーク2020年1月号

ヴィノテーク2020年1月号

平成から令和へ。そしてオリンピック・パラリンピック・イヤーを迎える2020年。 2020年、何を飲むべきか。ワインのプロフェッショナルたちが考える2020年のワインの動きは。 今年もよいワインとの出合いがあることを願って。

1,540円(税140円)

Pick up

  • 自然の恵みが生むナチュラル・クール・ワイン タスマニア

    オーストラリア最南端の島、タスマニア。この冷涼な地の注目度はますます高まっている。ステファノ・ルビアナ、ダーウェント・エステート、ハウス・オブ・アラス、ジョセフ・クローミーといったトップ・ワイナリーからタスマニア初のアーバンワイナリーまで、タスマニアの今を取材。さらにタスマニアの食の話題も。

目次

  • 2020年に飲みたいワイン

  • 2020年 ワインはどう動く 何を飲むべきか 

  • ソムリエ田崎真也のTasting Review & Recommend Pairing

  • ヴィノテーク・ライターの2020年に飲みたいワイン

  • ――立花峰夫/坂本雄一/葉山考太郎/蛯沢登茂子/寺下光彦/梁世柱/秋津壽翁

  • Cool Australia

  • 美食の島、タスマニア

  • 自然の恵みが生むナチュラル・クール・ワイン

  • 高品質を追求するタスマニアの「食」 ヒル・ファーム・プリザーヴを訪ねて

  • スティーヴ・ウェバーが語るオーストラリアワイン産業のチャレンジ●高橋佳子

  • Story of Bourgogne ドミニク・ローラン――樽の魔術師健在なり●立花峰夫

  • Story of Bordeaux ネゴシアンJ.J.モルチェが語るボルドーワインビジネスの今とこれから●安田まり

  • Story of Trento 挑戦し続けるフェッラーリ●蛯沢登茂子

  • ヴィノテーク アーカイヴ△修里箸有坂芙美子が「見て」「感じて」「考えた」こと

  • Editor's Pick

  • ――シュラムスバーグ特別試飲/サシ・ムーアマン来日/ナパの日本人醸造家が造るパウロニア/ルフレーヴ最新/シャンパーニュ・ジャカール新デザイン/ジャン・シャルル・カーズ来日/ポッジョ・ディ・ソットのブルネッロ/ペトローロのボッジナ/バローロのコルデロ・ディ・モンテツェモロ/ミューズ・ド・ミラヴァル披露…etc.

  • ワインの芽・ワインの坩堝 by Mineo TACHIBANA

  • ワインやSakeが飲みたくなる本は、ないか?●飯塚十二

  • ヴィノテーク・スタッフのワインと食とSakeのある風景

  • ワイン会カレンダー

  • 古酒礼賛+巡礼、葉山考太郎のワイン漫筆、梁世柱のLet it be 的ワインライフは、各著者による2020年に飲みたいワインのページに替え、お休みです。

  • イベントについて
  • ヴィノテークについて