ヴィノテーク2019年6月号

ヴィノテーク2019年6月号

夏、スパークリングワインがおいしい季節の到来。世界中で造られるスパークリングワインの中でも、その潜在力を開花させている産地を発見。スパークリング日本酒の話題も。カリフォルニアワイン、今年のボルドー・プリムールで発表されたヴィンテージ2018についてもレポート。

1,188円(税88円)

Pick up

  • 2020年代の花形・スパークリングを先取り

    ブラジルはリオグランデ・ド・スルの高標高の地で造られるスパークリングワイン。ウクライナの瓶内二次発酵製法のスパークリングワイン、そして辛口のランブルスコ、ヴェネトのプロセッコにヴェスパイオーラ、ポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデと、シャンパーニュ1本の値段で2本、3本と買えるようなコストパフォーマンス抜群の世界のスパークリングワインに注目。

  • Ongoing California Wine

    入手困難なスパークリングワインを手がけるマイケル・クルーズ、カベルネ・フランの名手ピエール・セイヤン、進化するオーパス・ワン、クラシックを貫くテキストブック、そしてヒルサイドの注力するコンティニュアム、カリフォルニアを語るうえで欠かせない生産者たちが登場。

目次

  • 世界はバブルで満ちている

  • 夏の事始にスパークリングワイン

  • 乾杯から食卓へ スパークリング日本酒をもっと楽しもう!

  • 寺下光彦の「世界の盲点で次々潜在力が開花する2020年代の花形スパークリングを先取り」

  • 泡か・る・と

  • ――シャンパーニュ・シャスネ・ダルス/シャンパーニュ・カーボン&ジゼル・ドゥヴァヴリー/ヴーヴ・クリコ・ラ・グランダム2008/ペリエ ジュエ新ヴィンテージと新ボトルシェイプ/カステルブランのカバ新発売/夏の泡アドレス/田崎真也が考えるシードルの可能性

  • 田崎真也が利く夏のスパークリングワイン&シードル40種

  • Ongoing California Wine

  • ――マイケル・クルーズのウルトラマリンとクルーズ・ワイン・カンパニー/ジャクソン・ファミリー・ワインズのピエール・セイヤン来日/オーパス・ワンのヴィンテージ2015/ナパの“教科書”テクストブック/ロバート・モンダヴィのルーツを継承するコンティニュアム

  • ボルドー ヴィンテージ2018レポート

  • 今月の一枚 by Seju YANG

  • ワインの芽・ワインの坩堝 by Mineo TACHIBANA

  • 葉山考太郎のワイン漫筆〈205〉 「フランス人は意地悪だ!」

  • "古酒礼賛+巡礼〈110〉「古き恋人」 ●秋津壽翁 "

  • ワインやSakeが飲みたくなる本は、ないか?〈127〉●飯塚十二

  • クローズアップワインNOW!!――レオヴィル・ラス・カーズ1989特別セット発売/ジュゼッペ・カヴィオラ来日…etc.

  • 編集後記「ワインと食とSakeのある風景」

  • ワイン&Sake会カレンダー

  • イベントについて
  • ヴィノテークについて