product
商品一覧

  • ヴィノテーク2011年2月号

    「今年はこのワインがくる!」と思うワインをワインのプロフェッショナルと、ヴィノテーク執筆陣が推理します。「日本酒バイイング・ガイド飯田永介&君嶋哲至セレクション」は番外編!日本酒の専門用語を分かりやすく事典風にまとめました。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2011年5月号

    愛好家に絶対的な人気を誇り、生産者にとっては「気難しい」と言われながらも栽培・醸造に挑戦したくなる品種「ピノ・ノワール」 世界各地のピノ・ノワールの多彩な魅力をお伝えします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2011年8月号

    シャブリの鍵は「キンメリッジアン」のみにあらず。地質学者の坂本雄一さんがシャブリのスペシャリストと共に畑を歩き、その万華鏡のごとく変化のある土壌をレポート。涼をよぶスパークリングワインの特集も。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2012年6月号

    初夏にお薦めの白ワインと、その楽しみ方を和食をはじめフレンチ、イタリアン、スイス、ドイツなど各国料理のレストラン、旅館、ワインショップの方々が語ります。また北海道から九州まで、日本の白ワインの栽培・醸造の今をエノログの川邉久之さんが考察します。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2012年9月号

    真の「らしさ」を求めるシチリア、伝統回帰のすすむピエモンテ、サンジョヴェーゼからみるトスカーナ、ミクロクリマが育む固有品種と国際品種が共存するフリウリ・ヴェネツィア・ジューリアなど、南から北までイタリアワインの話題満載。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2013年4月号

    トスカーナ新ヴィンテージの発表会の「アンテプリマ」の様子をレポート。またウンブリアの超個性的品種サグランティーノとフリウリ・ヴェネツィア・ジューリアで素焼きの壺「アンフォラ」を使用した生産者の話題も。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2013年6月号

    進化し続ける日本ワイン。各地の生産者を訪ね、そこから見えたそれぞれのチャレンジをレポートします。第二特集はカリフォルニア。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2013年7月号

    世界中からスパークリングワインが大集合。好評の日本酒バイイング・ガイドでも発泡性の日本酒をご紹介します。プロセッコ・スーペリオーレ、カバの最新情報を捉えつつお気に入りのスパークリングを見つけましょう。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2013年10月号

    スペインワインのトップ産地リオハとプリオラートの最新状況を現地取材によりレポート。第ニ特集は大好評の地質学シリーズ。シャトーヌフ・デュ・パプのテロワールに迫ります。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2014年6月号

    キアンティ・クラシコの新たな格付け「グラン・セレツィオーネ」の話題をはじめ、知られざるDOCにも新たな発見あり。第二特集では。歴史あるブルゴーニュ品種のアリゴテ。その可能性を探る。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2014年7月号

    飛躍的な進化を遂げ、人気の高まるニュージー。世界トップレヴェルのソーヴィニヨン・ブランと「成熟」中のピノ・ノワールの最新情報。現地で活躍する邦人ワインメーカーの取材レポートも。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2014年8月号

    佐藤陽一さんと・石田博さんの対談第二弾。世界各地のスパークリングワインの情報をお伝えします。第二特集夏こそ!のロゼ。まずは基本を押さえましょう。

    1,080円(税80円)