product
商品一覧

  • ヴィノテーク2019年1月号

    エレガントで繊細なスタイルがトレンドとなる中、今、あらためて白ワインに注目。故・麻井宇介氏とヴィノテーク・ファウンダー有坂芙美子の「白ワインのジャンル集大成」を再録し、白ワインとは、をあらためて知る。現地取材はイタリアのシチリアそしてソアーヴェ、ドイツの白ワインの今を。 南アフリカの冷涼産地と古木をキーワードに最新情報も。 「Sakeヴィノテーク」では立春朝搾りをテーマに、新年の幕開けにふさわしい話題満載。

    1,188円(税88円)

  • ヴィノテーク2019年2月号

    今、要注目のワイン産地、それはポルトガル、オレゴン・ワシントン、そしてシチリア。面白い産地には、動きがある。その最新を探る。そして、前号1月号で好評だった、麻井宇介氏と有坂芙美子女史の「白ワインのジャンル」対談再録も。さらに新連載『梁世柱のLet it be的ワインライフ』も。今号のテーマは、オレンジワイン。

    1,188円(税88円)

  • ヴィノテーク2011年5月号

    愛好家に絶対的な人気を誇り、生産者にとっては「気難しい」と言われながらも栽培・醸造に挑戦したくなる品種「ピノ・ノワール」 世界各地のピノ・ノワールの多彩な魅力をお伝えします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2012年7月号

    夏のスパークリング特集。人気の高まるイングリッシュ・スパークリングをはじめイタリア、フランス、スペイン、日本、チリ、オーストリア…世界の「泡モノ」最新情報をお伝えします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2012年10月号

    近年親しみやすさと手ごろな価格が代名詞のニューワールド・ワインに、「プレミアム」が話題となることが増えてきました。価格だけが焦点ではない各地の「プレミアムさ」をレポートします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2013年3月号

    プレミアムワインの産出へ革新中の南アフリカ。情熱あふれる若いワインメーカーが適地適品種栽培に取り組んでいます。注目の品種・アペラシオンなど南アフリカの最新情報をレポート。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2013年11月号

    古木、マルチブレンド、エレガントさの追及などオーストラリアワインへのステレオタイプを覆す新たな取り組みをレポート。ボルドーワイン2012の最新情報も。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2014年2月号

    カリフォルニアの代名詞ともいえるリッチでパワフルなワインに疑問を持つ生産者たちが出現。新世代が目指すものとその背景は?注目の10生産者を訪ねます。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2014年7月号

    飛躍的な進化を遂げ、人気の高まるニュージー。世界トップレヴェルのソーヴィニヨン・ブランと「成熟」中のピノ・ノワールの最新情報。現地で活躍する邦人ワインメーカーの取材レポートも。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2015年4月号

    ワインのミネラリティとは? 今や当たり前の用語となりつつあるこのあいまいな用語について世界の造り手、ソムリエ、ジャーナリストなど90人の見解はいかに!

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2016年3月号

    南アフリカワイン新時代。新品種の導入、新原産地呼称の誕生など「南アフリカの今」が満載。第2特集は今、話題のポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデ。

    1,188円(税88円)

  • ヴィノテーク2016年4月号

    ワインといえばチーズ。では日本酒とチーズの相性は?チーズの生まれる背景とストーリーから、マリアージュを楽しむヒントまで。

    1,188円(税88円)