product
商品一覧

  • ヴィノテーク2011年1月号

    栽培、醸造そしてその味わいまですべてが繊細な甘口ワイン。その神秘をドイツ・ラインガウとフランス・ブルゴーニュでワイン造りに挑む日本人女性醸造家・栗山朋子さんが解き明かします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2011年5月号

    愛好家に絶対的な人気を誇り、生産者にとっては「気難しい」と言われながらも栽培・醸造に挑戦したくなる品種「ピノ・ノワール」 世界各地のピノ・ノワールの多彩な魅力をお伝えします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2011年6月号

    もはや単なる「安旨ワイン」ではありません。今のチリの生産者たちが目指すのは、プレミアムでサステイナブルなワインです。品質向上の著しいその現場をレポートします。ボルドー・プリムール2010収穫レポートも。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2011年10月号

    品質の向上がめざましく、多彩な固有品種が特徴のポルトガルワインに欧米のワイン・ジャーナリスト、バイヤーたちが注目しています。弊誌ライターが現地取材し、ジャンシス・ロビンソンMWと共に参加した試飲コンペの様子もレポートします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2011年11月号

    日本ワインを支える、一生懸命な栽培・醸造家の方々を取材。日本ワインのユニークさが分かります。第二特集はオーストリア。地質学者の坂本雄一さんが主要産地の地質の特徴をひも解き、そこから生まれるワインに何が表現されるのか、徹底レポート!

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2012年7月号

    夏のスパークリング特集。人気の高まるイングリッシュ・スパークリングをはじめイタリア、フランス、スペイン、日本、チリ、オーストリア…世界の「泡モノ」最新情報をお伝えします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2012年10月号

    近年親しみやすさと手ごろな価格が代名詞のニューワールド・ワインに、「プレミアム」が話題となることが増えてきました。価格だけが焦点ではない各地の「プレミアムさ」をレポートします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2013年7月号

    世界中からスパークリングワインが大集合。好評の日本酒バイイング・ガイドでも発泡性の日本酒をご紹介します。プロセッコ・スーペリオーレ、カバの最新情報を捉えつつお気に入りのスパークリングを見つけましょう。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2013年8月号

    チリの注目産地・注目品種は?新しい生産者から老舗の新たな取り組み、テロワールを拓いたキー・パーソンへも取材します。チリワインの最新情報が丸わかり。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2014年5月号

    ブルゴーニュで起こる静かなる改革。その背景には世代交代や外部からの流入などがある。伝統回帰のすすむ現地の最新情報をレポート。バスク州の伝統ワイン「チャコリ」の話題も。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2014年11月号

    これまで「標高」が注目されがちだったアルゼンチン。視点を変え、テロワールを「掘り下げる」とアルゼンチンの今が見えてきます。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2015年11月号

    今、最も日本人に飲まれているチリワイン特集です。1980年代から現場を見続けてきたヴィノテークだからこそできる、チリワインのこれまでの軌跡を振り返りつつ、これからチリワインの何に注目すべきかをレポートします。

    1,188円(税88円)