product
商品一覧

ブルゴーニュ

  • ヴィノテーク2018年6月号

    ブルゴーニュワイン特集。著名アペラシオンの陰に隠れてきた実力派アペラシオンはどこか、今こそ“買い”のブルゴーニュワインを発見する。

    1,188円(税88円)

  • ヴィノテーク2011年1月号

    栽培、醸造そしてその味わいまですべてが繊細な甘口ワイン。その神秘をドイツ・ラインガウとフランス・ブルゴーニュでワイン造りに挑む日本人女性醸造家・栗山朋子さんが解き明かします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2011年3月号

    ますます洗練されるブルゴーニュワイン。その進化を知るために過去を知る必要がある。ワインジャーナリスト堀晶代さんが歴史を振り返りながら現在のブルゴーニュを考察します。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2011年5月号

    愛好家に絶対的な人気を誇り、生産者にとっては「気難しい」と言われながらも栽培・醸造に挑戦したくなる品種「ピノ・ノワール」 世界各地のピノ・ノワールの多彩な魅力をお伝えします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2011年7月号

    伝統派とモダン派が混在するネッビオーロの聖地ピエモンテ、革新的なトスカーナ、多様化するエミリア・ロマーニャ。知るほどに楽しいイタリアワイン特集です。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2011年8月号

    シャブリの鍵は「キンメリッジアン」のみにあらず。地質学者の坂本雄一さんがシャブリのスペシャリストと共に畑を歩き、その万華鏡のごとく変化のある土壌をレポート。涼をよぶスパークリングワインの特集も。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2011年9月号

    丸ごとスペインワイン特集! サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す巡礼路に沿ってナバーラ、リオハ、ビエルソやガリシアの造り手たちを訪ねました。そのほかプリオラートワイン展示会の様子や環境保全のための「バルセロナ宣言」など。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2012年4月号

    ブルゴーニュのドメーヌへの取材を通して「土作り」「畑作り」「ワイン造り」の現場をレポート。最新ヴィンテージや新規アペラシオンなどブルゴーニュ最新情報が満載。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2012年11月号

    独特の文化と広大な生産地をもつラングドック。その中で近年白ワインが注目されるリムーと新たなアペラシオンの承認が予定されるラ・クラップを現地取材。東京・大阪のシェフに南フランスワインの楽しみ方と家飲み用のレシピを聞きました。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2013年5月号

    複雑なテロワールをもつブルゴーニュは生産者のかたちも様々です。ネゴシアン・ドメーヌ双方のメンタリティを知るエージェントを取材しブルゴーニュの今日的事情を探りました

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2013年9月号

    シチリアの山岳地帯モンレアーレを訪ねました。バローロ、バルバレスコ、ロエーロの新潮流は?ブルゴーニュの新たな動きにも注目です。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2014年5月号

    ブルゴーニュで起こる静かなる改革。その背景には世代交代や外部からの流入などがある。伝統回帰のすすむ現地の最新情報をレポート。バスク州の伝統ワイン「チャコリ」の話題も。

    1,080円(税80円)

ブルゴーニュ