product
商品一覧

シャンパーニュ

  • ヴィノテーク2018年12月号

    今号のテーマはシャンパーニュにおけるビオとサステイナブル。高緯度かつ不安定な気候下でビオには不利な条件ながら、畑に向き合いテロワールの表現に努めるシャンパーニュ・メゾンを訪問。第二特集は緑豊かなイタリア・アブルッツォ。新コラム「食とワインとSakeと」連載開始。

    1,188円(税88円)

  • ヴィノテーク2012年6月号

    初夏にお薦めの白ワインと、その楽しみ方を和食をはじめフレンチ、イタリアン、スイス、ドイツなど各国料理のレストラン、旅館、ワインショップの方々が語ります。また北海道から九州まで、日本の白ワインの栽培・醸造の今をエノログの川邉久之さんが考察します。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2012年12月号

    恒例シャンパーニュ特集。シャンパーニュを支える品種ピノ・ノワールを軸にシャンパーニュを探るべくブジー村を訪れました。また、かつて汚名を着せられた悲運の生産地コート・デ・バールの真の魅力をレポートします。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2013年12月号

    シャンパーニュの現在を築いたといえるネゴシアン・マニピュランにフォーカス。第2特集は和食と相性抜群のオーストリアワイン。今号では鉄板焼きにチャレンジです。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2014年6月号

    キアンティ・クラシコの新たな格付け「グラン・セレツィオーネ」の話題をはじめ、知られざるDOCにも新たな発見あり。第二特集では。歴史あるブルゴーニュ品種のアリゴテ。その可能性を探る。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2014年12月号

    複数のワインをブレンドするアッサンブラージュ。生産者たちのアプローチと哲学からシャンパーニュにおけるアッサンブラージュ・アートを考えます。

    1,080円(税80円)

  • ヴィノテーク2015年12月号

    シャンパーニュの瓶内熟成中、何が起こっているのでしょうか。 そのメカニズムやメゾンの考えを探ります。

    1,188円(税88円)

  • ヴィノテーク2016年12月号

    本当においしいロゼ・シャンパーニュはどこから生まれる? 栽培から醸造まで、どこに秘密が隠されているのか、探ります。 シャンパーニュをより深く知るために、先取りワード「ヴァン・クレール」に注目です。

    1,188円(税88円)

  • ヴィノテーク2017年12月号

    シャンパーニュを知る基本中の基本、品種をテーマにシャンパーニュを探ります。話題のメゾンが続々登場!

    1,188円(税88円)

  • 前のページ
  • 9商品中 1-9商品
  • 次のページ

シャンパーニュ